タブメイトは壊れやすい?イラスト初心者が1年間使用した結果

タブメイト

タブメイト(CLIP STUDIO TABMATE)は、クリスタ公式が販売している左手デバイスです。

自分は、イラスト初心者ですが、はやめに形から入るタイプなのでデジタル環境だけは色々調べて揃えました。

そんな自分がタブメイトのレビューをまとめました。

結論:液タブで絵を描くなら左手デバイス「タブメイト」は、持っておいて損することなしと判断です。

この結論になった理由について解説していきます。

タブメイトですが、iPadでは接続することが出来ません。

iPad Proで左手デバイスを使いたいと考えてる方は、こういったテンキーのなら使うことが可能です。

目次

タブメイトは壊れやすいと言われる理由とは?

セルシス
¥5,645 (2022/07/25 21:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す

ネットで検索すると「タブメイト 壊れやすい」というキーワードが見当たりましたが、1年適度に使用するぐらいでは特に不具合もなく故障したことはなかったです。(1日平均1〜2時間ぐらい使用)

タブメイトが壊れやすいというのは、昔販売していた旧型で新型になって改良されてからは、故障しにくくなってるということもわかりました。

そのため、通常使用なら故障に関しては、そこまで心配する必要性はないと思います。

それよりも絵描き初心者は、左手デバイスがあった方が良いのかどうかですが、左手デバイスがあるだけで絵を描く時短になるので、金銭的に余裕があるなら買った方が良いと感じました。

タブメイトの良いところ

通常の左手デバイス違うところは、無線で片手で持つことが出来るタイプの特殊な左手デバイスなので、自由な高さで使うことが出来るので肩こりになりにくいと感じました。

サイズも小さくて軽いので、重さで手が疲れるということはありません。

通常だとキーボードにショートカットキーを割り当てしたり、テンキーみたいな左手デバイスを机において使用するタイプが多いすが、この手の左手デバイスは置き場所が固定されるのが欠点です。

左手デバイスは、置き場所もどこにするか迷ってしまう部分ですが、タブメイトならそこも迷う心配もありません。

タブメイトに関しては、左手が自由になるところが本当に良かったです。

ショートカットの数もそれなりにあるので、しっかり設定すれば問題なく利用することが出来ます。

ちなみにプロのイラストレーターであり、お絵かき講座Youtuberの「さいとうなおき」さんも左手デバイスタブメイトを使用されてるみたいです。

初心者からプロも使ってるなら、安心して使うことが出来る周辺機器だと思います。

ちなみに左手デバイスと言われておりますが、タブメイトの場合は左利きの人でも右手で普通に使えるので利き手関係なく利用することが可能です。

タブメイトの微妙なところ

次に微妙だと感じたところは、無線なので若干反応が遅いと感じる場面があるのとたまにブルートゥースの接続が切れることがあることです。

無線と有線の切り変えとかは出来ないので、接続を安定して利用したい場合、タブメイトの微妙なポイントだと思います。

ただ自分の部屋は、かなりガジェットも多いので比較的ワイヤレスが切れやすい環境っていうのもあるかもしれません。

接続が切れやすい時の対策方法は、無線接続の端末を減らしたり、パソコンとの距離を近くするとかぐらいです。

一度ペアリング設定を解除してから、再登録することでスムーズになることもあります。

使っていて感じるデメリットは、それぐらいなので実際左手デバイスがあるのとないとでは、絵を描く効率がかなり変わってくるので、なにも左手デバイス持っていないなら買ってもいいかと思います。

金額も他の左手デバイスより安いので、コスパはいいです。

まとめ

タブメイトを1年ほど使用してみましたが、デジタルで絵を描く作業効率を上げてくれました。

液タブは、24インチのを使用しているので液タブだけでも場所を取ってしまいますので、左手デバイスは場所を取らない「タブメイト」を選択して良かったと思います。

Huionの左手デバイスは、液タブを購入した時に付いてきましたが、まったく使わずにいるぐらいです。

セルシス
¥5,645 (2022/07/25 21:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次