リアルフォースR3レビューMac用のキーボードは使いやすい?【レビュー】

リアルフォース 東プレ R3 キーボード

今まで、キーボードはアップル純正の「Magic Keyboard」をメインで利用してました。

Apple(アップル)
¥13,242 (2022/08/10 15:44時点 | Amazon調べ)

このキーボードは、薄型で非常にコンパクトなので気に入ってましたが、毎日文章を打っていると結構指が痛くなることが増えて来ました。

指が痛いと作業に集中することが出来ませんし、何よりどんどんやる気がなくなっていきます。

そのため、今後長時間作業することが出来るようにするためにも、腱鞘炎対策になるキーボードを色々調べたところ「リアルフォース 東プレ R3 キーボード Mac用」が良さそうだったので、購入して使ってみた感想レビューをまとめることにしました。

結論。値段は高かったですが、指の負担はかなり減ったと感じたので、購入して良かったと思います。キーボードを打っていて指の痛みを感じてる方は購入する価値ありです。

ちなみに高級キーボードで評判が良いHHKBキーボード「Professional HYBRID Type-S 」を使ってた時もありますが、これはクセのあるキーボード配列で、どうしても慣れなかったので使わなくなった経験があります。

東プレのリアルフォースは、普通のキーボードと違いがないので、すぐに違和感なく以降することが出来たところが良かったです。

目次

リアルフォース 東プレ R3 キーボード Mac用のレビュー

リアルフォース 東プレ R3 キーボード Mac用は、結構厚みがあるキーボードなので、リストレストは合わせて購入した方がいいです。

これがあるのと無いとでは、キーボードの打ちやすさと手の疲れやすさのが全く変わってくるので、ほぼ購入は必須レベルだと思います。

むしろ、はじめからセットで付けておいて欲しいと感じるぐらいです。

キーボードレストがない場合、このキーボードは高さがあるので逆に手が疲れる可能性があります。

FILCO Genuine ウッドリストレスト Mサイズが丁度キーボードのサイズと合いました。

紹介したウッドリストレストを合わせるとこんな感じになります。

丁度良いサイズ感で高さも丁度良いです。

これがあると本当にキーボードが打ちやすくて快適でした。

サイズに関しては、東プレは大きくて重量も重たいです。

腕の疲れやすさに関しては、圧倒的に東プレの方が疲れにくいので、今後のメインは東プレ一択になりそうです。

Magicキーボードは、気に入ってるんですが、指が痛くなる以上あまり使うことが出来ません。

結構、長文を打つブロガーの人は薄型キーボードを使うと指が痛くなってくるというレビューが多かったです。

長文を打つ仕事をしてる人は、東プレかHHKBのどちらかをメインにするのがいいですね。

腱鞘炎に一度なるとクセになりやすいので、予防が大事だと思います。

入力速度は特に変わらず

速度を測定しているわけではないですが、薄型キーボードと比較しても入力速度に関しては、特に変わらないかなと感じました。

しかし、一番問題だった腕の疲労感が圧倒的に少ないので、購入して良かったと思ったところですね。

また、薄型から変更するとしばらくキーボードの打ち心地の違和感があるかと思いましたが、特に違和感も無くすぐに慣れたので、使いこなすことが出来なかったということにもなりませんでした。

以前、HHKBは1週間程度使ってもなんか微妙だと感じたのが東プレでは何も無かったのがよかったですね。

押下圧45gは、丁度いい感じで入力ミスもほぼ無いです。押下圧30gは、軽すぎて逆に打ちにくいと感じる人の方がいいはず、指の負担を考えると軽い方がいいかもしれませんが、45gでも軽めです。

毎日パソコンで文字を打つなら良いキーボードを使うべき

今まで、キーボードは10種類以上使ってきましたが、安いキーボードを使うと体のダメージが徐々に蓄積していく感じがしました。

たまにしかパソコン作業をしないようなライトユーザーなら、1万円以下のキーボードでも問題無いと思いますが、仕事として使うような人は、キーボードにはお金を掛けて損しないと思います。

何より肩こりや腱鞘炎対策になって、痛みが出ないならそこまで高い買い物ではないと感じるはずです。

個人的に毎日使う者は、本当に納得出来る物を使いたいと思うので、今回のキーボードの購入は良かったと思いました。

デメリットはないの?

  • 値段が高すぎる
  • バッテリー持ちは微妙かも
  • パネルデザインキットで変更出来るのはいらない

使って感じたデメリットは、35000円近い値段はやはりキーボードにしては値段が高すぎるということだと思います。

しかし、腕の痛みを考えるとこれで作業が捗るなら、お金を出す価値はあると感じました。

バッテリー持ちに関しては、1ヶ月程度で無くなるみたいですが、単三電池2本の交換式なので予備バッテリーを常に充電しておけばすぐ交換出来ますし、有線ケーブルに切り替えることも出来るので問題はないです。

自分は、なるべくケーブルを減らしたいので基本的にワイヤレスでしか使いません。

パネルデザインを変更することが出来る関係で、キーボードの下のスペースを触ると若干浮いてる感じがします。

特にキーボードに影響があるわけじゃないですが、これが若干安っぽいと感じる人はいるかもしれません。

それとかなり重たいキーボードになるので、持ち運びはほぼ無理で自宅で固定して使うことになると思います。

まとめ

文字入力の負担が減って、指の痛みが軽減された。長く使うほど良いキーボードのありがたみがわかると思います。

薄型キーボードでは、すぐに手が痛くなるという方は、かなり痛みを改善することが出来るようになる可能性が高いので、ぜひ試してみてください。

キーボードなど毎日使う物は、少々高くても買う価値ありです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次