DMM TV「アニメ・エンタメ見放題」今なら30日間無料

wacom cintiq pro 16 2021年レビュー!メイン液タブに変更

cintiq pro 16 2021
漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

Wacom cintiq pro 16 2021年版の液タブに変更して、だいたい1ヶ月程度使ったので、ブログのレビューとしてまとめることにしました。

企業案件とかではなく、実費での購入なので良いところと悪いところを包み欠かさず記載してます。

今まで、中華製液タブ「XP-PEN Artist24 Pro」、「huion kamvas pro 24 4k」も使ってきたり、廉価版の「wacom cintiq 16」(フルHD)も所持してます。

タブレットは、iPad Pro 12.9インチ M1モデルを使っているので、他の端末との比較も入れました。

色々使ってきた中で、自分の使用用途的に「wacom cintiq pro 16 2021年」が1番合ってるので、暫くメインとして長く使っていく予定です。

自分は、ガジェット類が好きなので色々と機材を買って自分で試したいと思って買って判断したやつをまとめてます。イラストに関しては、そんなに詳しくないですが、機材レビューはしっかりにやっていきます。

この記事を書いた人
  • 専業ブロガー(複数のサイトを運営してます)
  • 1サイトで最高月間43万PVの運営経験あり
  • 2022年ぐらいからガチ初心者で絵を始めた

小さい頃から絵を描いてきたわけでなく大人になってから、絵描き素人が独学で絵師になることを目指してます。

柊せんせー
(Twitter)
目次

wacom cintiq pro 16 2021年レビュー

メリット
・デメリット
  • 液タブ、板タブに切り替えが簡単
  • スリムペンが使える
  • 4kだから画面がキレイ
  • 16インチというサイズが丁度いい
  • 視差はほぼなし
  • サイズの割に値段が高い
  • ファンレスではないため音がする
  • 熱を持つ部分がある
  • タッチパネル機能は使ってない

wacom cintiq pro 16 2021年」のメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

過去の2018年ぐらいに発売された「wacom cintiq pro 16」は、あまり評判良くなかったんで、値段は高かったけど2021年版にしました。

デジタルのお絵描きは、お金が掛かってもほぼ機材だけなので、自分が納得するものに出会うまである程度試す価値あると思います。(大人だから出来るというのもある)

本来ならCintiq Pro 24インチが1番気になってましたが、ファン音や画面の熱とデカくて重く、そろそろ新しいモデルが出る可能性があるからということで「wacom cintiq pro 16 2021年」を購入しました。

液タブには、アンチグレアタイプのフィルムをつけてフェルト芯を使ってます。

スタンドは、モニターアームでも良かったですが、ノートパソコンスタンドが揺れずに安定して使えるので、それを使ってます。

なにかネジとかで固定しているわけではないですが、16インチの液タブは多少重量があることもあり、絵を描いていてズレたり動いたりすることは無いです。

自由に角度も帰れるので、純正のスタンドより良いのではと思ったりしてます。

値段的にもノートパソコンスタンドなら、3000円程度で買えます。

あまりに安いのは、ちょっと作りが甘かったので、3000円前後のが1番いいですね。(タブレット用も必要なので、3台買って試しました)

というか、ワコム純正スタンドは、9000円という値段でちょっとスタンドだけの割に高すぎます。

Wacom(ワコム)
¥9,000 (2023/01/02 17:02時点 | Amazon調べ)

正直これぐらい始めから標準として液タブに付けておいて欲しいと思います。

でも、液タブの角度は自由に変更することが出来ないと体を痛めることになりやすいので、スタンドは必須級です。

ノートパソコンスタンドの場合、下側に空間を開けることが出来るので、キーボードを置くことも可能です。

これが出来るのも16インチまでの液タブぐらいなので、このサイズは扱いやすいと思います。

液タブ、板タブの切り替えが簡単に出来る

液タブの左右に4つずつ割り当てが出来るボタンが設置されてます。

左の1番下にマッピング画面切り替えのボタンを配置することで、液タブを瞬時に板タブとして使うことが出来ます。

この機能があると、ちょっと別モニターを触りたい時にマウス操作せずにペンで操作することが可能です。

これ結構便利な機能なのでおすすめです。

基本的な絵を描く作業は、左手デバイスで操作しているので、液タブに付いてるボタンを触るのは、板タブ化したい時だけです。

スリムペンが使える

  • アップルペンシル
  • スリムペン
  • 標準プロペン

画像のペン種類

ワコムの液タブを使う理由は、スリムペンが使えるというのが大きいです。

描き心地に関しては、正直いうと他の中華製もレベルの高い合格点を出してくれるようになってるので、あまり変わらないと感じました。

しかし、中華製はペンの選択肢が標準の太めのペンしか選択出来ないので、そこが個人的にネックでした。

スリムペンは、アップルペンシルみたいに細いタイプのペンで、細いタイプじゃないと指が痛くなりやすい体質なので、ペンの選択肢的にワコム製品に切り替えた感じです。

ここは、普通の人はあまり関係ないと思うので、標準のペンの太さでも問題無いなら良いと思います。

4k液晶はやはりキレイ

「wacom cintiq 16」は、ワコム製品でありながら、フルHDで画面のスペックが低い分値段が安い液タブです。

安くても描き心地に関しては、問題無く良いので絵を描き始めたい学生さん向き商品だと思いました。

こっちは、ファンレスで画面に熱を持たないですが、画面はフルHDだから少し荒いと感じます。

フルHDの液タブを使ってから、4k液晶に変えると全く画面の品質が違いました。

画像のアラが無いと目の負担軽減効果があると感じて目が疲れにくいと感じます。

液晶の質が悪いとモチベーション低下に繋がるので、スペックが高い方がいいですね。

ただ、4k映像出力はそこそこスペックが必要になるので、ある程度のパソコンじゃないと処理が遅くなる可能性があります。

16インチというサイズ感が丁度いい

24インチを使ってからだとサイズが小さく感じる時もありますが、物理的に結構邪魔だと感じてしまうことが多くて、液タブを移動させる手間が多かったです。

その点、16インチなら定位置の机の上に置いても問題が無かったので、自分的には16インチがベストかなと思いました。

マンガを描くなら24インチが1番良さげですが、新しいのが出るまでは16インチのままで良いと考えてます。

ちなみにiPad Proは、12.9インチなのでタブレット端末としては、画面が大きいですがクリスタだと結構小さく感じることが多いです。

iPad OSのアップデートにより、M1チップ以降なら、外部ディスプレイの拡張対応により作業範囲を広く出来るようになったので、結構使いやすくはなってます。

視差はほぼなし

安い液タブと高い液タブとの違いは、視差があるかどうかも大きいです。

イラストを描き始めたのが、iPad Proからだったので、はじめて液タブを使った時は、視差があるのが気になってました。

「wacom cintiq Prp 16」は、値段が高いだけあって、四隅でも視差が気になることもなくストレス無く狙った場所を選択することが出来てます。

廉価版の「wacom cintiq 16」の場合、視差がありますが、ずっと使ってたら慣れてしまうことが多いので、違和感は最初だけだったりした経験があるため、そこまで神経質にならなくても良いのかなと今は思います。

サイズの割に値段が高すぎる

2022年12月から値段が上がったのもありますが、現時点だと21万円前後なので、これは高すぎるかもしれません。

よほどワコム製品じゃなきゃダメという拘りがなきゃ中華ブランドで良いと思います。

僕は、スリムペンのためにワコム製品を使ってますが、他のブランドにスリムペンが出たりすれば、別に変えてもいいかなとは考えてます。

ファン音はある程度する

ファンが回っていない時は、音が気になることはありませんが、ファンが回りだすと多少音がするので神経質な人は気になるかもしれません。

自分としては、許容範囲内だったのでファンの音は大丈夫でした。

ワコム Cintiq16FHDは、ファンレスで全く熱を持たない液タブだったので、出来たらファンレスが良かったですけどね。

画面は熱を持つ

赤い枠あたりが熱を持つ範囲なので、全画面が熱くなるということはありません。

熱くなると言ってもほんのり熱くなるぐらいなので、iPad Proを充電しながら使ってる並に熱くなることは無いかなという感じです。

この辺は、画面の明るさによって変わる部分なので、熱さが気になる方は画面を暗めに設定するといいと思います。

タッチパネル機能は使ってない

液タブのタッチパネル機能は、とくに使ってません。

ほとんど左手デバイスで操作するので、タッチパネル機能要らないから値段下げて欲しいと思う部分ですね。

使う人も居るかもしれませんが、個人的にはオーバースペックです。

まとめ

wacom cintiq pro 16 2021年」は、値段が高いのでコスパは微妙です。誰でもおすすめできるといった液タブではないですが、自分的には毎日イラストを描くための投資なら良いと思いました。

昔、カメラをやってた時は、カメラ1台で30万円超えとか普通でしたし、レンズも1本で20万円とか比較すると、絵描きのコストは安く感じます。(一般的な金銭感覚だと当たり前に高いが)

中途半端に満足することが出来ない機材を購入するより、思い切って高いのを買って絵を描く理由にするというのも一つの手です。

特にプロのイラストレーターは、ワコム製品を使ってることが多いので、同じの使いたいなって思ってしまうところがありますよね。

wacom cintiq pro 16 2021年」を最終的に買うことにした決めては、ホロライブ5期生の桃鈴ねねをキャラデザしたイラストレーター「西沢5ミリ」さんが使っているからという理由もあったりします。プロの漫画家も使ってるなら、安心。

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次