DMM TV「アニメ・エンタメ見放題」今なら30日間無料

MacBook Air/Pro M1モデルはまだ使える?【2年使用長期レビュー】

MacBook ProM1モデルのレビュー
漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

今回は、MacBook Pro 13インチ M1モデルを2020年11月の発売日に購入して、2年間以上使ってきた長期レビューをまとめることにしました。

現在、メインPCは「MacBook Pro 16インチ M1 MAX」を使用していて、サブパソコンとして、「MacBook Pro 13インチ」を持ってる感じになります。

M1モデルは、2023年に購入してもまだまだ通用するのかがわかると思うので、一つの参考として参考にしてもらえればと思います。

目次

MacBook Air/Pro M1モデルはまだまだ使える

現行のアップル M2チップモデルは、たしかにM1チップより性能が上がってますが、値段も上がってます。

コスパ重視なら、M1モデルの「整備品済み」を狙うか「中古」を狙うのがベストです。

もし中古を購入するなら、メルカリなどの個人やり取りよりもちゃんとした店舗で購入するのがおすすめになります。

ゲオの中古品とかなら、中古でも6ヶ月間保証があったりするので、購入してある程度使ってから不具合を見つけても後悔するなんてことが無くなります。

パソコンとか高い買い物で、ハズレを引いた時はダメージが大きいので、購入するなら一定期間の保証があるところで買いたいところですね。

M1モデルならゲーム以外はだいたい出来る

MacBook Pro M1モデルが優れているところは、ゲームをする以外のことは、ほとんど出来てしまうということです。

スペック的には、ゲームが出来てもMac OSがほとんどのゲームに対応していないだけになります。

僕は、ゲームを辞めたので、ゲームが出来なくても一切困りませんでしたし、ゲームを辞めたいと思ってる人も強制的に辞めることが出来ていいかもしれないですね。

ほとんどの作業が快適

スクロールできます
作業 快適度詳細
ウェブ閲覧かなり快適に出来る
動画視聴4K動画も余裕で視聴可能
動画編集4K画質編集も出来るけど、メモリ16GB以上推奨
写真編集基本的にストレス無く可能
ゲームMacでゲームはほぼ無理
イラスト制作基本的には快適に作業出来ます

2023年の基準で少し厳し目につけてますが、一般的な用途の場合、ほぼM1チップパソコンのスペックで不満になることはないと思います。

ただし、SSD256GB、メモリ8GBあたりだと、容量不足を感じてしまうことが多いかもしれません。

「動画編集」「写真編集」など、クリエイティブ作業をメインに考えてる人は、最低SSD512GBとメモリ16GBにしたいところです。

チップの性能がよくても、結構容量不足で悩むことの方が多いんですよね。

僕は、SSD1TBとメモリ16GBの構成でやってます。

色々と作業すると、メモリ32GBでも少し足りないと感じることもありますが、普通の人はそこまで使わないです。

MacBook Pro M1のレビュー

良かったところ
悪いところ
  • ほとんどの作業が快適だった
  • 画面はキレイ
  • スピーカーの音質もノートPCの中ではかなり良い
  • バッテリー持ちが非常に良い
  • 持ち運びしやすいサイズ感と重量
  • ファンが全くうるさくない
  • USB-Cのみで充電可能
  • 個人的に13インチは画面が小さい
  • 合成音声の動画編集はやりにくい
  • メモリは16GBでも足りないか?
  • 外部映像出力は基本的に1つまで
  • 端子が少ない

2023年になっても、未だに現役で使えるスペックがあり、2025年ぐらいまでは余裕で使っていけると思ってます。

それ以上になってくるとかなりパソコンのスペックも進化してたりするので、買い替え時です。

パソコンの買い換えスパンは、3年〜5年ぐらいがベストかなと思ってます。

アップル製品の良いところは、売却してもある程度の値段が付きやすいので、どんどん新しいのに乗り換えていくのがいいですね。

ちなみにあまりクリエイター的な作業をしない人なら、パソコンが壊れるまでずっと使えそうな気はします。

Windows PCについて

最近、合成音声「ゆっくりボイス」や「ずんだもん」などを使った動画編集をやりたくなったので、Windowsパソコンを購入しましたが、最近のWindowsPCも結構使えると感じました。

そのため、無理にアップルを購入しなくてもいいかなーと思ってます。

コストを抑えるなら、Windows PCの方が安く手に入りやすいです。

Macでも出来ないことはないですが、配信者になりたい人もWindowsの方が向いてますね。

ゲーム実況とかは、ゲーミングパソコンがあれば、PCでゲームをしてすぐ配信出来ます。

PCでゲームしながらOBS使って配信するとなると、ある程度のスペックが必要になってくるので、20万〜30万円クラス必要です。

ノートパソコンの利点

モニターアームを使って2画面にも出来る

デスクトップパソコンではなくて、ノートパソコンを使うメリットは、外でも家でも同じパソコンを使うことでデータ管理がしやすいことです。

頻繁に外出先でも作業したい人には、ノートPCはかなりいいです。

僕は、メインPCとサブPCの両方を持ってますが、データのやり取りや設定が面倒だと感じて、基本的にメインPCしか使わない状態です。

M1チップ以上のMacBookになってからは、メインPCとして使えるレベルになったので、外では普通にノートパソコンとして使って、自宅では外部モニターに出力して使う感じがおすすめです。

まとめ

  • 2023年でもMacBook Air/Pro M1は現役で使えるレベル
  • そこそこクリエイティブ作業までならかなり余裕
  • 完成度はかなり高いパソコンなので2025年ぐらいまでは使えそう

M2チップもパワーアップしましたが、インテルチップからM1に変わった時ほどの変化はなく地味なパワーアップでした。

特に最新PCに拘りがないなら、まだまだM1で使えますね。

M3,M4チップまで登場してきたら、さすがにパワー不足を感じるかもしれませんが、一般の人がそこまでパソコンを使うのかは微妙なところです。

スマホと同じで、革命的な変化はしばらく無いとは思ってます。

現在のMacBookの価格を調べる

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次