IT専門学校は行っても意味ない?【無駄だった経験談】

はじめに自分は過去にIT系の専門学校の2年生コースを卒業した経験があります。


その後、IT系の会社に就職して2年ぐらい働いて、別の業界に転職したりして、最終的にはフリーでブログやYoutubeで広告収入などを得て生活をしてます。


ここまでの話を見るとIT系の専門学校に行ってから、最終的にフリーでブログ等で収入を得られるまでになったなら、専門学校に行って良かったんではと思われるかもしれませんが、これは別に専門学校に行かなくてもこの生活は送ることが出来たなって思います。

専門学校で勉強した知識は、現在特に使ってないです。しかし、学費に200万円ぐらい使ったと思うので、せめて記事のネタとして消化しておくために体験談として書くことにしました。

目次

IT系の専門学校に行った理由

これは簡単で働くのが嫌だったからで、ITのことを勉強しておけば今後の人生役に立つと思ったからです。


今、振り返ると安直な考え過ぎる。判断が甘い。


ちなみに当時は、ゲームをすることが大好きだったのでゲームクリエイター系の2年生コースというのを選択しました。


1年ほどゲーム制作の勉強をしましたが、ゲームをするのが好きなだけでゲームを作る側っていうのは、あまり面白くないものだなとと感じて、結局ただ学校に通ってるだけな生活を送ることになります。



特にやる気があるわけじゃないので、日々の勉強自体も全然やってませんでした。


自分の場合働くのが嫌だったということで、専門学校に行くことを選択した部分が大きいので、こんな考えではそりゃダメだよなぁって思うところです。

柊せんせー

自分みたいな専門学校時代は、くれぐれも送らないで欲しい。

専門学校に行かなくても良いと思う理由

専門学校は、卒業したところで学歴が就職に役立つことはあまりないというか費用対効果が少ないです。


専門卒だと、普通に会社に就職しても高卒との収入の差が少ないため、専門学校を卒業しただけではほとんどメリットはありません。


むしろ専門学校の授業料が年間100万円近く掛かると思うので、その専門学校じゃないといけない理由がしっかり無いと無駄になることが多いかもしれません。


ちなみに大卒は、どんな大学を卒業しても大卒の収入になるので、適当な専門学校を卒業するぐらいなら大学行ったほうがいいかもしれません。


日本は、大卒なだけで年収が上がったりするので、特にこれとやりたいがないという人は、普通に就職を考えてる方はとりあえず大学を選択するのは悪くない選択だと思います。

フリーランスや自分で起業する場合は、最終学歴とか関係ないので既に社会人の人は、自分自身で稼げるスキルのレベルを上げていくのが一番手っ取り早いと思います。

専門学校でやる気がある人はごく一部

自分は、専門学校でやる気がない部類の方でしたが、本気で勉強してる人はクラスの1割も居なかったぐらいだと思います。


自分の時の場合なので、選択する専門学校やクラスによっては違うと思いますが、ネットの色んな専門学校の情報を見る感じでも本気で取り組んでる人は少ないようでした。


やる気がある人は結構少なめなので、自分は周りに流されることなく一人でも本気でやっていくという気持ちは大事だと思います。

専門学校に入学する場合は、お金を払えば入ることが出来るぐらいなので、モチベーションが高い人が少ないのは当たり前かもしれません。

ぐれぐれも専門学校に行けば、それだけで良いゲーム会社やIT企業に簡単に就職出来るとは思わない方がいいです。


目標が明確化していて、その目標を達成するためには専門学校に行く必要性がある理由が言える人は、行く価値はあるかもしれません。



適当に専門学校時代を過ごした場合は、自分みたいにブラック企業にしか就職することが出来ません。


ブラックIT企業に就職した経験があるからわかる。(深夜手当とかが一切ないレベル)


ITって、給料が高いイメージがあるかと思いますが、就職する企業によってIT土方と言われるぐらいの年収200万〜300万前後とか普通にあります。


ここでは、詳しく解説しませんが多重請負が多い業界なので、中抜きが多すぎて労働者には全然還元されない業界だったりもするのだ。

柊せんせー

若い時にもっと勉強しておけば良かったと大人は言いますが、過去には戻れないので、それなら今からでもやれることをするだけでも変わる可能性があるので、チャンスは誰でもあると思ってる。

基本的な勉強は独学で問題なし

今は、ネットが普及していて、わからないことがあればその都度調べたりすれば解決することが可能です。


むしろ、検索力が無いとIT系で仕事をしていくことは出来ないと思うので最低限のスキルだと思います。


また、ネットの情報は質のバラツキが様々なので、自分自身である程度判断することが出来る必要性もあります。


情報の質的には、書籍の方が色んな人からの修正が入ったりするので、基本的に勉強は書籍からの方がおすすめです。書籍は、1冊1000円〜2000円程度のコストで、比較的情報の質が高いから費用対効果が高いです。


しかし、書籍でも著者によって見解が違うのもあったりするので多読して自分で情報の正確さを判断していくのは大切かもしれません。

情報は、誰かから教えてもらうのを待つのではなくて、自分から知りたいことを取りに行く姿勢が大事。

柊せんせー

独学でも勉強するつもりがあれば、比較的低コストで勉強することが可能です。

社会人になってからの方が勉強してる

学生時代は、読書と言えばマンガぐらいしか読まなかった自分ですが、今は、毎日何かしら読書をして新しい知識を学ぶようにしてます。


今の時代、同じことを繰り返していては時代遅れになることが多いので、変化についていくためにも日々常に学び続けることが大切と思うわけです。


ほとんどの人がラクな方向に流れていくので、社会人になってからも勉強してるという人は少ないため、継続して勉強し続ける人だけが得する世の中になってます。


社会人になってから、数年間は適当に過ごした日々だったので、これでは自分の人生オワコンだと思ってから、毎日ブログの記事を書いたり、勉強した結果独立するぐらいお金を稼げるようになったので、企業で働いてる人も副業はやっておくと得するよ!

まとめ

専門学校は、お金さえ払えば入学することが出来るため学生のレベルは様々です。基本的に専門学校を卒業しないと出来ないことはないと少ないと思うので、それだけ費用があるなら高スペックのパソコンを揃えたり、書籍を沢山買ったりした方がいいかもしれません。

ちなみに専門学校にいくために奨学金というただの借金ローンをしてたので、なかなか高いお金を支払いしてしまったので、今思うと高い勉強代でした。


ブログの開設とかは、今は書籍とネット情報だけで簡単に出来るので、IT系で働きたいと思ってるなら、自分のウェブサイトぐらいは作っておいていいかもしれないですね。


むしろ、それぐらい出来なきゃ仕事出来ないと思うというか向いてないかも

柊せんせー

ここのサイトは、ConoHa Wingのサーバーをレンタルしてワードプレスにて制作してます。月1000円程度のコストでサイト持てるので、IT系目指すなら自分のサイトぐらいは作っておくことをおすすめします。作り方は、公式に記載されてます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる