イラストレーターになるには専門学校に行くべきか?

今回は、将来イラストレーターやプロの絵師として活動したいと考えてる方に向けた記事になります。

柊せんせー

自分自身は、イラストレーターでもないタダのプロブロガーですが、ゲームクリエイターの専門学校を卒業しているので、多少参考になる体験談の部分もあると思います。

結論:企業に就職したいなら行く価値はあるが、ただイラストの専門学校に行くだけではプロになることは出来ません!

具体的に理由などもちゃんと解説していきますので、是非読んでいってください。

目次

プロのイラストレーターになるには専門学校に行った方がいい?

単純にプロのイラストレーターになるだけが目標であるなら、別に専門学校を卒業していなくてもなることが出来ると思いますし、専門学校や美大などはそこまで重要ではないと思ってます。

とりあえず、自分の場合はゲームクリエイターコースを専門学校で選択してましたが、イラストを描くコースもありました。


今考えると絵を描く方が好きなので、イラストの方を選択しておけば良かったかなと思うこともありますが、専門学校を選択した時にやりたかったことはゲームだったので、ゲームクリエイターコースを選択してしまってました。


ちなみに自分は、ゲームをプレイするのが好きなだけだったみたいで、ゲームを作る側になりたいわけじゃなかったっていうのを専門学校時代学びました。


専門学校時代は、急に絵を描きたいと思い、ゲームクリエイターコースなのに一人で下手なイラストを描いてた覚えがあります。

当時、「涼宮ハルヒの憂鬱」や「らきすた」時代の京都アニメーションですね。


でも、周りに絵を描いてる人居なかったし、自他共に認めるほどのあんまり上手くないですね。というクオリティだったので、割とすぐに絵を描くことを諦めてしまいました。

ゲームクリエイターコースなので、完全独学で勝手に描いてただけですしね。せめて、「イラストコース」選択しておけば良かったw



そのため、専門学校の2年コースでしたが1年でゲームクリエイターになることは辞めて、2年目はシステムエンジニアコースに転化して、普通のIT会社に就職することをにサクッと切り替えたタイプです。


今は、完全に独立してフリーランス的な立ち位置になり、ブロガーとして複数のメディアを運営して、ブログ運営で生活しているため、完全に専門学校時代が無駄だったとは言えないけど、もっと自分の人生と向き合って行動していれば、結果は大きく変わっていただろうなって思うことがあります。



まぁ過去に戻ることは出来ないので、今どれだけ全集中するかどうかが大事かもしれません。


やりたいことがあるなら、本気でやり抜かないとダメだ。


ちなみに今時間がある程度出来て、昔上手くイラストを描けたら良かったなぁっていうのを思い出して、やりたいことがあるならやってみようと決意して、イラストサイトを立ち上げて日々絵の練習中です。

専門学校のレベルは低い

レベルが低いっていうのは、専門学校に行く生徒のやる気的な意味です。8〜9割ぐらいは、あまりモチベーションが無い人が多いです。


基本的に専門学校は、お金さえ払えば入学することが可能なので、本気でプロを目指しているようなモチベーションが高い人は少ない感じがしました。


ちなみに自分もレベルが低い側の人間でした。


あの時は、本気でやりたいことがあまり無かった時期でしたね。

本気でやるなら行く意味はある

本気で勉強しに来てる人は、少ない印象でしたがガチでプロになるつもりなら、どんどん先生に質問して技術を伸ばしていくことが出来るだろうし、環境的には悪くないと思います。


しっかり実力をつけていけば、専門学校は企業とある程度コネクションもあるはずなので、就職する時有利にはなります。


独学よりも人脈は作りやすいです。


重要なのは、周りのあまりやる気がない生徒達とつられないように自分の技術を高めるために行くようにしないと、専門学校に行ってもあまり意味が無かったなと感じるかもしれません。


基本的に本気で取り組んでる人って、あまり居なかったりするので毎日コツコツ継続して学ぶことが出来る人が人生で成功するんですよ。


常に学び続けよう。

独学でも絵が勉強出来る時代

今、専門学校に行く必要性が減ったのは、独学でも普通に勉強することが出来る時代になりました。


自分が今更、絵の勉強をしなおそうと思ったのも、Youtubeの動画や「パルミー」などのオンライン講座が豊富になったことです。


書籍の方も昔のイラスト講座関連は、素人目から見てもいまいちクオリティが微妙であんまり可愛くない感じでしたが、最近のイラスト書籍はクオリティが高いので、書籍でも学べるし動画も沢山あるし


イラストを勉強する環境が凄い整ってます。


これなら、正直「独学」でも絵は上手くなることが出来るなっていう環境ですね。


ただ、絵の添削を直接受けることが出来たり、絵を描くリアルの仲間が出来るのは、専門学校のメリットかなと思うので、今高校生の人は専門学校に行くっていうのも一つの選択肢としては悪くはないです。


ただ行く限りは、本気で勉強するつもりで行かないと学費がもっだいない!!!!ことになるかもしれないので、そこだけは注意ですね〜。



自分は、ゲームクリエイターコースの専門学校でプログラムを触ったことで、プログラムをイジるより遥かにブログで文章を打つほうがラクだなぁって感じるので、やったことをどう生かすかが大事かもしれない。



ブログで稼ぐのも文章が下手でも稼げるし、絵が下手でも稼ぐことは出来ると思うので、バランスよく色んな勉強はしておくと今後役に立つかもしれません。

まとめ

専門学校っていうのは、基本的にやる気がない人が多いので、本気で取り組んで先生に教えてもらうようにしていけば、成長自体はかなり速くなると思います。モチベーションが対してない人たちばかりだったので、先生側もやる気がある生徒には結構本気で教えてくれるかも


費用が掛かるだけあって、やるべき必要なことが質問すればすぐ教えてくれるので、どれだけ環境を生かすことが出来るかどうかですね。


独学だと自分で試行錯誤して、スキルを上げていかないといけないので自由度は高いけど、上達スピードは遅いかもしれません。


自分的は、興味があることしかやる気にならないタイプなので、一人でやる方が向いてるタイプですがw


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる