DMM TV「アニメ・エンタメ見放題」今なら30日間無料

AIイラストで人間の絵師オワコンか?需要は思ったよりある

AIイラストで人間の絵師はオワコン?
U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

2021年頃から、液タブやクリスタなどでデジタルイラストを本格的に描き始めたイラスト初心者でしたが、2022年10月に「novel AI」というAIイラストがそこそこハイクオリティな絵を誰でも簡単に作れるようになりました。

「novel AI」が登場した時は、まだまだ手描きで頑張っていきたいと思ってましたが、その後「Stable diffusion」が登場して、AIイラストを投稿してるアカウントも沢山出て来ました。

AIは、イラストだけでなく「動画」「文章」「ボイスチェンジャー」など、色んな分野で凄い進化してるので、これは早めにAIについて学んだ方がいいなと感じたので、自分もAIを使いだしました。

今回は、実際に絵描きだった自分がAIイラストを使ってみた感想などについてまとめました。

この記事を書いた人
  • 専業ブロガー(複数のサイトを運営してます)
  • 最高月間43万PVと月7桁収益の運営経験あり
  • 2022年ぐらいからガチ初心者で絵を始めた

お絵描き関連とガジェット関連をメインに記事を個人的な感想を好き勝手にまとめてます。(ツイッター)

柊せんせー
(Youtube)
目次

AIイラストで人間の絵師オワコンか?

加筆修正してますが、AIなら簡単に出力可能

AIイラストで、簡単にそこそこのクオリティの絵が量産することが出来るようになったので、プロのイラストレーターになりたいという人の難易度は、今までより高くなったと思います。

しかし、イラスト関連でお金を稼ぐ方法は、いくらでもあると思うので考え方次第になって来ます。

普通に絵が描ける人は、配信とかでまったくの白紙から絵を描いていくような配信業的なのだったり、AIイラストを修正して更にハイクオリティな絵を作るみたいなことが可能です。

AI人物実写も出力可能

ラフの案出しとしても、使えたりすると思うので便利ツールとして上手く使うようにしていけばいいかなと考えてます。

普通に趣味として、絵が上手くなりたい層という人も多いので、そういった方に向けて絵を教える系で稼ぐというのもありです。

個人的には、どの業界でも教える系ジャンルは、需要があるので稼ぎたいなら絵を描くより絵を教える方が儲かりそうな気がします。

一枚絵だけの価値というのは、下がっていくことが予想出来ますが、今後は絵を描ける技術よりも誰が絵を描いたという価値の方が圧倒的に高くなりそうですね。

「絵が描ける」プラスのスキルが無いと絵で稼いでいくのは、難しいと思いますが自分が出来るスキルと組みわせることで、どんどんオリジナルティが出てくると思います。

あおい

何かしら情報発信するというのは重要になってきそう

イラストとブログ

AIイラストは挿絵として使ってる

僕の場合の組み合わせだと「イラスト」+「ブログ」で使ってます。

最近では、ブログという文章媒体もオワコン化していってるので、今後のことを考えると動画もやるべきだったりしますね。

動画制作もAIツールを上手く使いこなせると、短時間で動画作れるようになると思います。

「AIイラスト」+「動画」とか「AIグラビア」+「ツイッター」+「AI文章」とか、色んな組み合わせすることも可能!

さくら

ブログでも稼いでる人は、まだまだめっちゃ稼いでるけど差が大きい

もちろん、Youtubeの動画も並行してやってます。

一点集中して作業するというより、万遍なく色んなことをやって伸びてきた関連があれば、それに特化していくという感じです。

2023年は、AIの時代が来ると思ってるので、最近ではAI関連を取り扱いするようにしてます。

AIは、便利なツールですが、何でも出来るツールというわけでもなくある程度、使う側の人間にスキルが必要です。

AIの使いこなし次第で、今までの作業が時短出来るようになるので、今後AIを使いこなすことが出来るスキルも育てていかないとめっちゃ差が付くと思います。

この記事を見てる時点で、AIが気になってる人だと思うので、自分でも多少触ってみていいかもしれません。

わざわざ公表してないけど、すでに多少触っているイラストレーターも多いと思います。

あおい

実際、AI関連はこのサイト内でも需要があり、アクセス数が増加中

単純に人間の力だけで、作業量を増やすだけでは成果が出にくい時代なので、AIという時短ツールの使いこなしを勉強していった方が有利。

まとめ

AIグラビア

AIの利用が法律で規制させることになったら、別のことを考えないといけませんが、現状そうではないので使える間は、便利に使う勉強をして使おうかと思います。

AIイラストを料理に例えると、「手描き絵は長年スキルを磨いてきたシェフの手料理」「AI絵は、インスタントをレンチンしただけ」みたいな感じかなーって感じました。

例え長年勉強してきたシェフが手作りでハイクオリティな料理を作っても、庶民はそれにお金を出すことが出来ません。

それよりも安価なインスタントやファストフードの方が需要があるみたいに棲み分けされるよう感じがします。

絵のスキルを売っていくなら、アートにお金をいくら出しても良い層にアピールしていく必要性がありますねー。

今後、ちょっと絵が描けるだけでは、稼いでいくのは難しいと思いますが、やり方次第ではまだまだやっていけると思うので、色んなことに手を出して学んでいくといいかもしれません。

そもそも別に絵がそんなに上手く無くても知名度があって人気がある人も居るので、画力だけでは厳しくなった時代なだけが気がします。

トータルのスキルが求められそうですね。

何が当たるかは、やってみないことにはわからないところもあるので、明らか人に迷惑掛けるようなことじゃない限り、色々と試行錯誤して行くしか無いと思います。

しずく

正直、AIツールのまだまだ使いこなせていないと感じるので、もっと勉強する必要性がありそう。

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次